ひねくれ領主は無欲な乙女にくびったけ!

漫画

いねの芽子

原作・シナリオ

水戸けい

販売価格

100円

「彼女を俺の話し相手にする!」領主の息子テルシオは町で出会ったシーラに一目ぼれ。彼女を半ば強引に館に呼び出してしまう。孤児院育ちのシーラは、困窮している孤児院への恩返しになるのならと屋敷にやってきたけれど、子どもだと思い込んでいたテルシオが立派な青年であることにびっくり。シーラを手放したくないテルシオは、町の人々の生活を聞きたいと彼女を引き留め、耳を傾ける。思いがけない純粋さに、身分の違いも忘れてなごんだシーラは、その後もたびたび館に話し相手として通うことに。二人の距離は次第に縮まっていく。けれど、ある日思い余ったテルシオがシーラの唇を奪ってしまったことで、二人の関係に変化が…!?

電子書店で全話購入

著者紹介

漫画:いねの芽子
柴犬と動物と筋肉が大好き。
犬を撫でている時とネタが思いついた時、布団に入る時が最高に幸せ。

原作:水戸けい
12月19日生まれ・射手座のAB型。関西人。
友人に「ハムスター中毒」と言われるくらい、ハムスター好き。けれど、長時間触れていると、喘息が出る残念体質。
猫とハムスターを飼ったことがあり、ペットショップのバイトで、子犬や子猫の世話をしていた。
ペットショップで、ちょっとだけハムスターの寝姿をながめていたはずが、30分以上経過していたことが……。

原作はこちら

ひねくれ領主は無欲な乙女にくびったけ!

作家:水戸けい

イラスト:にそぶた

孤児院で生活をしているシーラは、クッキーを売り歩いた帰りにみすぼらしい男を見つける。「元気を出して」と売れ残りのクッキーを与え励ますシーラだったが、その男は変装をした領主の息子テルシオだった。そうとは知らないシーラは、領主様のご子息の話し相手として屋敷へ呼ばれるが──そこで求められたのは、キス以上の行為だった!話し相手ではなく慰め役として雇われたのだと考えたシーラは、困惑しながらも孤児院のためだと思い、テルシオを受け入れる。しかし、なぜか彼はすがるような瞳で、愛おしげにシーラの名を呼び、一途に求めてくる……。愛を知らない子どものようなテルシオに、シーラは次第に心惹かれていくが──。

オススメ作品

  1. 甘えた男とチョロイン事典~ダメな君ほど愛しいの~2

  2. ゆめこみvol.22

  3. 獣の愛人†女神の秘宝1

  4. ゆめこみvol.26

  5. やましい、ふしだら、でも愛しい

  6. 正体を知られたからには×××で口止め~恩返しは不可避な溺愛?~1